mzgrs【水ガラス】 ケイ砂とソーダ灰とを混合、加熱溶融した水あめ状の液。アルカリ性を示し無色透明。Na2Sio3。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
アナーキストな彼 23:40
会社の先輩にまた駅のホームで見つかってしまう。
実を言うとその先輩のことも少し待っていたんだけど。
本当に私が待てるギリギリの時間で先輩が来たのには少し驚いた。

一緒に電車に乗り、変な疑いを持たれながら中野へ。
先輩の喋り方はとても独特で、その声を独り占めにするのに私は今ハマっている。

肝心の約束相手であるレオ君は、30分も遅れて来る。
お詫びに奢るという約束で、安さが売りの和民へ。
高い食事をして雰囲気を味わいたい男性と違って、彼は気の休まる店でじっくりと話をしたいタイプの人間だった。
レオ君は私の話に心地よい相槌を打ってくれるばかりでなく、ある時にはすごく興味深いという顔で子供のように真剣に目を見て頷いてくれる。
話が上手いね、と褒めてくれる。
以前よりも印象が良くなっている、と恥ずかしげもなく言う。

目は小さめだけれど、癖っ毛で笑うと綺麗に揃った歯を見せるところが好きだ。
頭が良い所も気に入っている。

極めて穏やかな男女間の友人関係を欲していた私には理想的な相手だ。

決してイケメンでないのに、何故か興味を持ってしまうような不思議な男の子。
| 日記 | comments(1) | trackbacks(0) | posted by 奈々
スポンサーサイト 23:40
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








奈々さん見てるかわかんないけどちょっと話したいよ
連絡してくれたら嬉しいよ
posted by ラゲ | 2007/08/20 3:54 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://anaitis.jugem.jp/trackback/149
<< NEW | TOP | OLD>>