mzgrs【水ガラス】 ケイ砂とソーダ灰とを混合、加熱溶融した水あめ状の液。アルカリ性を示し無色透明。Na2Sio3。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
亡国のイージス1回目 03:22
待ちに待ちまくったイージス公開日!!!
ウ━━━レ━━━ヾ(*´∀`*)ノスィ━━━━!!!!!

まぁ、ネタばれしない程度に言うと

失神するほどカッコイイ


以上です



ていうか誰が言ってたか忘れたんだけど公開前に


「あれってホモの映画でしょ?(´゚д゚`) 」


って嫌がってた友達!!www
そんな突拍子もない誤解どうやったらできるんだよwwww


「だって海中でキスしてたじゃんヽ(´゚д゚`) 」


て おいおい;

どう見ても 男 女 だろうが!!!!ww

そこらへんさすがに間違えてる人は他にいないと思いますけどw

とりあえず男女の出演比が9:1くらいの映画なんで、萌え要素なんか一切ないですけど、絶対男性は見に行ったほうがいい映画です。

【以下ネタバレ↓】
・例によって勝地くんは特攻しまくりで、
君ほど特攻の似合う俳優はいないってくらい特攻死が似合う男です。
むしろ彼の存在自体が死亡フラグ。(笑)
「さとうきび畑」で蜂の巣、
「ラストサムライ」で蜂の巣、
そして今回もまた…
      と思いきや奇跡が起きて良かったですね。

・それと個人的に超興奮したのが序盤で仙石が娘の名前をy…っとこれ以上は書けませんがとにかくあれは私のためのサービスカットだったとしか思えない運命的な事件が起こりました。

全体的な感想としては…。

正直真田様にしか注目してなくて一回目じゃまだ何とも…(オイ
まぁ思ったのは、護衛艦の爆撃シーン超迫力あって良かった。
思わず軍オタでもないのに鳥肌立ちましたよ。
あと音楽も良かったし、CGはちょっとアレだけど、ハリウッドみたいな恋愛中心のヒーローものにならなくて本当に良かった。邦画らしさを見せてくれて、男の戦場を描いてくれて、ありがとう。>監督

それにしても相変わらず真田さんの演技はクサかったなぁ。笑
ま、そのクサい所が大好きなんだけど、さすがに手旗信号のズームインは笑わずにはいられなかったよwwwFCのキャラみたくなってたぞw
撃つ前に考えろとか言ったら早速実行した勝地君に逆効果だしねww
なんかこう、流れ方は合ってるんだけど笑える、皮肉なもんで。

それと真田氏有るところに一徳さん有りってくらい共演してるけど、今回はおなじみのメンバーけっこう揃ってたね。佐藤浩一は勿論だけど、艦長役の人も懐かしい共演。

謎だったのは、あのヨンファの妹…
なんで水中でキスしてたん?????(*ω*)
しかもなんであそこまでの存在感でエピソード出る前に即死!?w
カットしたのバレバレだよおい!!(゚д゚)
いくらお色気が少ないからって、あの埋め合わせ方はちょっと^^;
ポスターは思いっきりラヴ強調してんじゃん!!
絶対あの二人恋愛感情ある風に宣伝してるじゃん!!!
DVDで是非ノーカット版が出ることを期待しつつ…

「あなたは実践を理解していない!!」
「おまえは人間を理解していない!!」




「撃つ前に迷うのが人間だろう!?」←?



「平和は戦争の隙間で起きてるんじゃないか?」←?

これに胸うたれ泣きました。(´Д⊂


2回目は軍オタのお父さんと行ってイージス艦グッズ買ってもらおうっと♪


| 書評・映画・音楽感想 | comments(0) | trackbacks(2) | posted by 奈々
スポンサーサイト 03:22
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://anaitis.jugem.jp/trackback/33
7月18日(月・祝)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて こういう系統の映画は得意ではないので、自分でお金を払っては絶対に観に行かないだろうなと思いつつ、何気なく試写会に応募してみたら当選したので観に来た。 しかも、今日は勝地涼くんの舞台挨拶つきだ。 彼
| 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 | 2005/08/01 10:54 AM |
「イージス」とはギリシャ神話に登場する最高神ゼウスが娘アテナに与えた、あらゆる邪悪を払う「無敵の盾」のこと。同時に、最新鋭の防空システムを搭載し、専守防衛の象徴ともいえる海上自衛隊の護衛艦をも指し示す。だが、語るべき未来も見えず、守るべき国家の顔さえ
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2005/08/02 1:58 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>